不動産取得による登記


不動産取得による登記

不動産の取得といえばいろいろありますが、住宅の新築も不動産の取得の1つです。
住宅を新築した時にはまず、表題登記を行います。


まだ登記されていない建物について建物の物理的状況を明らかにし、特定するものです。

建物においては、建物の所在、家屋番号、種類、構造、床面積等を記載して、これを公開し公示するものです。

原則として建物の所有者の申請により行われます。

これらを表題部といい、建物の詳細が記されています。表題部が完成すると次に所有権に関する登記を行います。


こちらは、表題部がないと行うことができません。

今すぐ使える横浜市・川崎市の不動産情報は仲介手数料無料の横浜不動産情報はこちらです。

一般的に表題部に所有者として記載されている人が申請します。
表題に関しては土地家屋調査士、権利にかんしては司法書士の業務になります。



両方とも必要な書類を作成すれば本人申請が可能です。


自分でやれば費用もかなり抑える事ができますのでやってみるのもいいかも知れませんが、気をつけておきたいのは銀行の融資の関係です。銀行によっては、実行日までには登記が完了していなければいけない所があり完了が遅れる事により融資が受けられなくなったりする可能性もありますので注意が必要です。



権利部には(甲区)と(乙区)があり甲区は所有権に関する事項が記され、乙区には所有権以外の事項が記されます。
所有権以外とは、抵当権、差押、地役権等があります。

不動産を取得したらこのような登記を行う必要があります。

建物に関しては申請義務があります。
申請義務を怠った場合10万円以下の過料に処せられますので気をつけてください。